今年は例年に比べて紫外線量が多いと言われています。
そこで気になるのが紫外線対策です。紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cとあります。

UV-Cはオゾン層で吸収され地上に降り注ぎません。ですから、UVA,Bの対策が必要です。

それそれの特徴は、UV-Aは波長が長く紫外線量は95%。
じわじわとコラーゲンやエラスチンのある真皮まで届いてしまいます。
ハリ、弾力の低下の原因になり老化を早めます。

UV-Bは波長は短く紫外線量は5%。
肌が赤くなり、ひどいときには水ぶくれになったりもします。サンタンが起きてメラニン色素が生成されて肌が黒くなります。

こういった特徴を知ったうえで、日焼け止めをしっかりと選びたいです。

紫外線量95%も占めるUVAをしっかりカットするには、PAの表示が重要です
PAはProtection grade of UV-Aの略で +の表記の数で防止効果を示しています。

PA+      UV-A防止効果がある
PA++     UV-A防止効果がかなりある
PA+++   UV-A防止効果が非常にある
PA++++  UV-A防止効果が極めてある

次にSPFはSun Protection Factorの略で、UV-Bの防止効果の目安です。
皮膚が赤くなるまでの時間をもとにどれだけの時間日焼けを防止できるかを数値で表しています。

例えば、SPF10のように数字で表しており、10は10時間ではなく、
一般的に数値に20分をかけた時間が紫外線防止時間の目安です。

数値が多ければ良いというものでもないので、規定量をしっかりまんべんなく塗ること、数時間起きに塗り替えることも大切ですね。
雨の日も曇りの日も紫外線は降り注いでますし、窓ガラスも透過する紫外線。私は365日紫外線ケアをしています。