「色の白いは七難隠す」、このことわざでもあるように白い肌は他のトラブルを目立たなくしてくれます。
確か透き通った白い肌だと多少シミができても、小じわができてもあまり目立たなく、美しく見えます。
しかしみなさん思ったことありませんか?
元々の肌色が色白じゃないから、いくら美白化粧品を使ってもこれ以上白くならない、と。
そう、世の中美白など意識せずとも綺麗な白い肌の人もいれば、どんなに気を付けて手入れしても色白とは呼ばれないような肌色の方もいらっしゃいます。
じゃあ色白じゃない人はどうしたらいいの!?となるのですが、ここで少し目指すベクトルを変える事をおすすめします。
それは透明感をいかにだすか、という事です。
さらにいうといかにくすませないか、という事になります。
女性の肌は乾燥してくすみ、角質がたまってくすみ、皮脂や化粧品が酸化してくすみと、常にくすむ原因が潜んでいます。
そしてくすむとどんより疲れて見えたり、いつもより老けて見えたりします。
そんなくすみ肌にシミやシワが出た日にはもう恐ろしい事この上ありません。
ではくすみをださないためにはどうしたらいいか、それはズバリ保湿です!
スキンケアの基本中の基本でもありますが、これを最適な状態を保つのがいかに難しいか、実感している方も多いのではないでしょうか。
じゃあどうすればいいのかという所なのですが、今流行りのオイル美容がとてもおすすめです。
洗顔後たっぷりの化粧水をつけた後、オイルを数滴なじませるだけでふわふわもっちりの肌になるのです。
この時一つ一つの工程をゆっくり丁寧にやる事が大切です。
化粧水はコットンパックや重ねづけでしっかりとつけ、オイルはつけた後ハンドプレスで温めながらじっくり浸透させてあげるのがコツです。
それまで何種類もの基礎化粧品を使いこなしてきた方には物足りなく感じる事もあるかもしれません。
でも一週間もすれば肌が柔らかくもっちりしてくるはずです。
そしてそれと同時に肌が少しづつ明るくなってくることも実感できると思います。
肌がうるおいで満ちればくすみも出づらくなりますし、毛穴やシワ、シミなどの他の肌トラブルも目立たなくなる事でしょう。
オイルの種類はスクワランや馬油などの動物性のものからオリーブオイルやココナッツオイルなど植物性のものまで多様にあるので、自分にあったものを探すのも楽しいと思います。
くすみのない明るい肌は、たとえすっぴんでも頬や唇がぽっと上気して見えてそれだけで若々しく見えるものです。
シンプルだけど効果抜群なオイル美容、おすすめです!